Accessibility

島田市立川根小学校WEBサイトです

HOME学校案内学校長あいさつ

学校長あいさつ

校長 原口徹也.jpg

今年度より川根小学校に着任しました校長の原口徹也です。よろしくお願いいたします。

今年度の始業式では、子どもたちに以下のような話をしました。

  1. 学年が一つ上がるということはとても大きなことである。2年生は、1年生にいろいろなことを教えなければならない。3,4年生は、中学年としてこれまで以上に自分たちで学んだり活動したりすることが多くなる。5年生は高学年の仲間入り。学校みんなのことを考えて活動することが多くなる。6年生は最上級生として、学校を引っ張っていかなくてはならない。 5月からの新しい元号「令和」に込められた願いと同様、川根小学校の一人一人が希望をもってそれぞれの学年で大きく花を咲かせること」を願っている。
  2. 今年度の目標は「本気の仲間をつくろうよ」。本気の仲間とはどんな仲間なのか、本気の仲間が集まった授業や活動はどうなればよいのかそれぞれの学級で話し合って欲しい。

昨年度開校50周年の節目を迎え、ラブフェスティバルへの取り組みを通して、地域と学校が協働してして取り組む基礎ができたことを前任の石原校長より聞いています。

今年度は、その基礎の上に地域と学校、家庭が子どもを育成するという目的を共有し、それぞれの立場で、ラブ・アクション「自分が好きなことを、自分ができることで貢献すること」を起こしていただきたいと思います。

活動の大きな柱に「川根ラブアクションデー」があります。第1回「スポーツフェスティバル」、第2回「あっちこっちハイキング」、そして第3回「ラブ・フェスティバル51」があります。いずれの活動も地域・家庭と学校が協働して創り上げていくことをめざしています。積極的な参画“ラブ・アクション”をお願いいたします。

川根小学校教職員の意識は、「川根小学校で子どもを育てる」から「川根地区で子どもを育てる」に変わっており、学びのフィールドを求め積極的に地域に出向いていきます。また、活動を考える基準は常に「子どもの幸福を価値判断の尺度」(川根小学校教職員信条4)です。

川根地区の子どもの幸福のために、皆様の御理解と御協力をお願いいたします。

このページの先頭へ